自動車関連

[車のタイヤ点検] 安全と燃費に大きく関わります。

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

こんにちは
たじです。
タイヤの点検はちゃんとやっていますか?
ディーラーで診てもらってるや車屋さんで点検している人でもひと月一回はタイヤの状態をみましょう。
安全と燃費に大きく関わりますので疎かにはしてはいけません。

結論:事故を防ぐには乗車前点検は不可欠

私たちは車に命を預けて運転していますが,その命を支えている部分はタイヤです。
わずかハガキ1枚分の面積に命を預けています。
最低でも乗車前にはタイヤの状態をみましょう。

 

状態の確認

外からタイヤをみて亀裂や物が刺さっていないか確認はしましょう。
亀裂は最悪バーストして大きな事故の要因になります。

大切な家族や友人を事故に巻き込まないようにひと月一回と乗車前には確認しましょう。
亀裂があった場合はJAFなどレッカーサービスに相談するなり,
最寄りの車屋さんや大手メーカ(オートバックスなど)に相談しましょう。
物が刺さっている場合は絶対に抜いてはいけません。
抜くとパンクします。
JAFなどを呼んで処置をしてもらいましょう。

溝がない場合は非常にスピンやスリップがしやすい状態です。
乗ることをあきらめ,JAFなどレッカーを呼びましょう。

タイヤ空気圧の確認

ご自身の車の空気圧はご存じですか?
知らない人が大半です。
ネットで探せばいいと思っていませんか?
年式,グレード,マイナーチェンジによって空気圧は変わってきますのでオススメしません。
ではどこで確認をすればいいのか?
それは運転席のドアを開けたところにシールが貼っています。
必ず確認はしましょう。
空気が少ないと燃費がとても悪化します。
さらにバーストする危険もありますので,適切な空気圧にしましょう。

なお空気が多すぎると,タイヤの中央がすり減り,雨天時にスピンをしやすくなります。
やっぱり適切な空気圧にしましょう。
(モータースポーツをやっている方は例外ですね)

monster SPORTエアゲージ

シールが貼ってある場所が分かった,でもどうやって空気圧をみればええねんって思いますね。
ガソリンスダンドに行けば,空気入れが置いています。
全くやり方がわからない方は,ガソリンスタンドのスタッフさんにお願いしましょう。
工賃などは取られませんので。
自分で空気を入れることができる人で,そういえばガソリンスタンドに置いているゲージって正しいのかな?って思った人は鋭いですね。
野ざらしで置かれているので,正確さに欠けています。
新品なら正確でしょうが,月日が経つと誤差が出ます。
スタンドによっちゃ「誤差なんぼ」って書いてくれています。
ありがとうございます。

んで今回の話題は自分で測るエアゲージを買いました。
(前振りがめっちゃながくてすみません))
自分のエアゲージを基準としてスタンドで空気を入れたら誤差はなくなります。
数あるメーカの中で選んだ商品は「monsterSPORTエアゲージ」です。
愛車がSUZUKI ジムニー(JB64)なので,スズキ系列の品にしました。

価格はamazonで約3300円でした。
色は黒と白の2色があり,今回は見た目重視で黒を選びました。
最大圧力400kpaまで測定可能
減圧調整機構搭載(ホース根元のボタンを押せば空気が抜けます)
ホースをバルブに差し込んで,手元でゲージが見れるので視認性バツグンです。
ホース先端はロック機構搭載なので,抜ける落ちる心配がありません。
ゲージ本体はラバープロテクトなので,少々なことでは壊れません。
しかし測定に誤差がでても困りますので,ケースなどに入れて保管しましょう。
写真のケースは「ペリカンケース 型番1120」です。
ダイバーが愛用しています。
amazonで買うことができます。

他社の製品

エアゲージはいろんなメーカから出ています。
ホームセンターで売っている物,DIYといえばエーモン製品,
タイヤメーカのブリジストンなどあります。
ブリジストンは精度がめちゃくちゃいいのですが,その分お高い。
amazonで約1万円です。
モータースポーツをするわけでもないので今回は見送りました。
ホームセンター製は信用度がありません。オススメ度★
エーモン製はたまたま売っていなかったので見送りです。オススメ度★★★
ツールカンパニーストレート製品は信頼度は抜群です。オススメ度★★★★
使っている人を結構見ます。

 
まとめ

タイヤの状態確認は事故を未然に防ぐことができるので,ひと月一回と乗車前には確認をしましょう。
空気圧は燃費と事故に直結しますので確認をしましょう。
適正空気圧を示すシールは運転席のドア付近に貼っています。
空気圧が低いと燃費悪化とバーストの危険性。
空気圧が高いとタイヤの中央がすり減りやすくなり,雨天時はスピンを誘発します。
適正空気圧で楽しいドライブをしましょう。

 

 

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-自動車関連

© 2021 たじのトリビアの部屋 Powered by AFFINGER5