トリビア

[紅茶] イギリス風 おいしい紅茶の淹れてかた

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

こんにちは
たじです。
今日はおいしいイギリス風の紅茶の淹れ方をお教えします。

この記事でわかること

  • イギリス風紅茶の特徴
  • 紅茶の淹れ方
  • 茶葉の種類
  • おすすめの飲み方

 

結論

イギリス風の紅茶を淹れるときの重要なことは硬水で淹れることです。
軟水で淹れると日本式,硬水で淹れるとイギリス式と覚えるといいでしょう。

硬水で淹れると独特の味わいと膜の張った紅茶ができます。

硬水と軟水の違いは過去記事に書いていますのでそちらを参照してください。
[水の種類] 硬水と軟水の違い

[水の種類] 硬水と軟水の違い

続きを見る

管理人がおすすめする茶葉はダージリン又はアールグレイです。
どちらも紅茶の代名詞なので,とりあえず飲んでみることをオススメします。
ストレートに向いているのはダージリン。
ミルクティに向いているのはアールグレイです。

紅茶の淹れ方(ティーパック)

茶葉をティーポットに入れて紅茶を淹れる方法もありますが,毎回きちんと茶葉の量をわかるのは正直しんどいです。
その点,ティーパックは紅茶1杯分をきちんと小分けされていますので,おいしい紅茶が手間いらずで飲める点が素晴らしいです。
なので今回はティーパックで紅茶を淹れる方法をお教えします。
なお,管理人が飲んでる方法なのでこれが正解ではありません。

イギリスは地方によりますが大体の水道水は硬度200mg/L前後の硬水なんで,今回紹介する紅茶の淹れ方は硬水が必要です。
牛乳も低温殺菌されたものを使います。
日本だと高温殺菌が基本ですが,イギリス風紅茶の場合は低温殺菌の牛乳を使いましょう。

準備する物
1:硬度300mg/Lの硬水(エビアンがおすすめ)

2:水道水(硬度60mg/Lの軟水)

3:低温殺菌の牛乳

4:ティーパック(お好みの紅茶)

5:ティーカップまたはマグカップ(温めるとなお良し)

6:ティーカップまたはマグカップを蓋できる物(プラスチック製の小皿など)

イギリス風 紅茶の淹れ方(カップ1杯分)

  • まず,硬度300mg/lの硬水と水道水(硬度60mg/Lの軟水)を2:1の割合で140ml沸かします
  • 沸かしている間にティーカップにティ--パックを入れます
  • ティーパックの持ち手はティーカップの持ち手部分にまくとお湯を注ぐ際にティーパックの持ち手がティーカップ内に落ちるのを防いでくれます。
  • 沸いたお湯をティーカップに注ぎます
  • フタをして2分待ちます
  • 2分後フタを開けて,ティーパックを取り出します
  • 低温殺菌の牛乳をお好みの量を注いで完成です。

普段,喫茶店などで飲まれる紅茶は軟水で淹れているところが大半なので,紅茶が透き通ってます。
今回,硬水で淹れた紅茶は透き通ってはいません。
むしろ少し濁っているようにも見えます。
写真はダージリンのストレートティーです。
濁っている原因は硬水により茶葉が浮いて膜を張っているからです。

複数人分用意する場合
(硬水2:軟水1の硬水が前提条件)
1:140ml×人数分のお湯を沸かします

2:ティーポットに人数分ティーパックを入れます

3:お湯をティーポットに注いでフタをして2分待ちます。

4:目分量で均等にティーカップに注ぎます

5:お好みで低温殺菌の牛乳を注いで完成です

茶葉の種類

まずは代表的な3銘柄を紹介します。

茶葉の名称 おすすめの味わい方
キームン ミルクティー又はストレート
ウバ ミルクティー
ダージリン ストレート

上記3種類は世界3大銘茶です。
紅茶を楽しむなら上記3種類を飲み比べてみてください。

キームンは中国で採れた高級な茶葉です。
蜜のようなやさしい味わいを楽しめます。
ミルクティーで飲むのが一般的です。

ウバはスリランカで採れる茶葉です。
良い香りとクセのある苦味が特徴です。
ミルクティーとの相性は抜群です。

ダージリンはインドで採れる茶葉です。
香りがよいのでストレートで飲むのが一般的です。


つぎにイギリスで飲まれてる茶葉を紹介します。

茶葉の名称 おすすめの味わい方
アッサム ミルクティー
アールグレイ ミルクティー又はストレート

アッサムはインドで採れた茶葉です。
濃厚な味なので,ミルクティーで飲むのが一般的です。

アールグレイはフレーバーティのことです。
名前の由来は元イギリス首相グレイ伯爵が作った茶葉です。
ベルガモットの香りを混ぜ込んでいます。

管理人おすすめの茶葉

アールグレイ ミルクティー
ダージリン ストレートティー

よく飲むのはダージリンです。
紅茶は基本ストレートで飲んでいます。

たまに気分転換にアールグレイも飲みます。

ティーパックのメーカーはお好みで選ばれるといいでしょう。
代表的なメーカーは
トワイニング
ひしわ
日東紅茶などです。

管理人はひしわのダージリンを使っています。

 

まとめ

今回はイギリス風紅茶の淹れ方をご紹介しました。
日本式と違う点は硬水を使用することです。
少しドロッとした紅茶を味わってみてください。
管理人はイギリス風紅茶が一番気に入っています。

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-トリビア

© 2021 たじのトリビアの部屋 Powered by AFFINGER5