投資

第6回 節税 確定拠出年金 iDeCoとは?

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

こんにちは

たじです。

今日は前回に引き続き節税について

お話します。

最後までよろしくお願いします。

 

iDeCoとは

個人型確定拠出年金の事で,ざっくり言えば自分で積み立てる年金です

毎月の掛け金は所得控除の対象なので,節税できます。

自身で商品(投資先)を選び,毎月積み立てて60歳以降に年金として受け取りができます。

 

メリット

1:毎月の掛け金が所得控除の対象。

30歳会社員,年収400万,掛け金月12000円だと

1年間で21600円節税できます。

年利5%で運用で60歳時の受け取り金額は

約998万円

上記はiDeCoシュミレーターで計算できます。

2:運用益は非課税

 

デメリット

1 投資先の年利によっては元本割れ(投資した金額より少なること)が生じる可能性がある。

2 受け取り時に税金がかかります。

一括受け取りと分割払いがあり

一括受け取りは「退職所得」という形で受け取れば

1500万円まで無課税になります。

これには個人差があるので詳しくは税理士さんに聞いてください。

注:税理士でない者は他人の税に関することをお教えできないのでご了承ください。

3 原則60歳まで引き落としができない

(資金ロック)

4 個人によりますが会社にiDeCo書類を記入してもらわないといけないので

そこがちょっと...ってなるかもしれないです。

そのちょっとを我慢すれば豊かな人生がおくれます。

 

まとめ

iDecoを使うことにより.節税効果が生まれる。

ただ.資金ロックの縛りがありなかなかな踏み込めない。

2022年5月からiDeCoのルールが少し変わり,

もっと利用しやすくなります。

詳しくは「iDeCo 2022年」で検索してください。

 

風邪ひかんように気を付けてね~

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-投資

© 2021 たじのトリビアの部屋 Powered by AFFINGER5