節約

第5回 節税をしよう2 控除

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

こんにちは

たじです。

今回は医療費と扶養控除についてお話します。

最後までよろしくお願いします。

結論:控除はフル活用しよう

サラリーマンが出来る節税は下記の3つです。

ふるさと納税

医療費控除

扶養控除

ふるさと納税については前回書いていますので,そちらを参照してください。

今回は残り2つについてお話します。

医療費控除

簡単言えばその年(1/1〜12/31)までの医療費が10万円を超えたら控除を受ける事ができます。

例 医療費110万-10万=100万円(控除対象の金額)

100万×所得税20%=控除金額20万円が返ってきます。

所得税が高い人ほどたくさん返ってきます。

医療費控除の対象

医療関係は大体対象です。

レーシック手術類,妊娠出産,歯医者での治療費,病院までの移動費...etc

美容整形は対象外!

扶養控除

扶養家族がいれば控除が受けれます。

基本,年末調整の時に扶養控除等申告書を出せば問題なし。

まとめ

年間で10万円を超える医療費は

確定申告するべし!

年末調整はきちんと書いて出しましょう!

まだまだ寒い日が続くみたいやから,身体に気を付けるんやで。

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-節約

© 2021 たじのトリビアの部屋 Powered by AFFINGER5