囲碁・将棋

[将棋・棋聖戦] 藤井棋聖 最年少九段昇段記録を樹立

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

こんにちは
たじです。
先日は藤井棋聖(王位)が渡辺名人(棋王・王将)の猛攻をしのぎ,棋聖位を防衛しました。
そこでさまざなな記録を樹立したので,今日はそのお話です。

この記事でわかること

  • 最年少九段記録
  • 最年少タイトル防衛記録
  • 永世棋聖の可能性

 

結論

棋聖位を防衛した藤井棋聖(王位)
タイトル通算3期獲得により九段に昇段しました。
様々な記録を樹立していく藤井棋聖(王位)
彼の実力派青天井なのか?

 

タイトル防衛

藤井棋聖(王位)は挑戦者,渡辺名人(棋王・王将)の猛攻をしのぎ,3連勝で棋聖位を防衛しました。
次なる防衛タイトルは挑戦者が豊島竜王(叡王)の王位戦です。
強敵に藤井棋聖(王位)はどこまで戦えるのか,注目があつまります。

最年少九段昇段記録樹立

このたび,棋聖位を防衛した藤井棋聖(王位)は九段昇段条件である,タイトル3期を満たしたため,九段に昇段しました。
18歳11か月で九段へ昇段は最年少記録であり,前最年少記録をもつ渡辺名人(棋王・王将)の21歳7か月大幅に更新する形になりました。
少なくともこの記録は抜けれることはないでしょう。

そもそも将棋における段位とはなになのか?
プロ棋士の段位は四段からはじまり九段が最高位である。
そして段位は下がることはないので,一度なってしまえば永遠にその段位を保持することができます。

段位は基本的に公式戦で勝っていけば上がっていきます。
但し八段と九段は別格であり昇段には条件がつきます。
共通して言えることは最高位のタイトルが絡むということです。

八段の昇段条件

  • 竜王位1期
  • A級へ昇級
  • タイトル2期
  • 七段昇段後公式戦190勝

 

藤井棋聖(王位)はタイトル2期の条件を満たし八段に昇段していました。
但しタイトルホルダーの場合は失陥するまで段位で呼ばれることはないので藤井八段は幻に終わりました。

九段の昇段条件

  • 名人位1期
  • 竜王位2期
  • タイトル3期
  • 八段昇段後公式戦250勝

藤井棋聖(王位)はタイトル3期の条件を満たし九段へ昇段しました。
この先タイトルを失陥するまで段位では呼ばれないので藤井聡太九段と呼ばれるまで何十年とかかると思います。

藤井という姓の棋士はもう一人いまして,藤井聡太九段と同じ九段の藤井猛氏がいます。
藤井猛九段は竜王位2期の条件を満たし九段へ昇段しています。
この時の藤井猛九段は「藤井システム」という名で居飛車党を震えさせた戦法で竜王位連続3期獲得していました。
更にA級の在籍もあり,時の人でした。

藤井システムは羽生九段もたびたび採用することがある戦法です。

面白いことに同じ藤井の姓,同じ九段なのに戦法は180度違うという点ですね。
将棋は飛車という駒の位置で最初の作戦が決まります。
飛車が初期位置の場合は居飛車と言われ,飛車を初期位置から左へ3マス以上動かすことを振り飛車といいます。
藤井聡太九段は生粋の居飛車党で藤井猛九段は生粋の振り飛車党です。
管理人たじは振り飛車党です。

将棋の名人戦はクラス分け(順位戦という)されており,A級からC級まであり,B級とC級は1組と2組に細かく分かれます。
名人に挑戦できるのはA級在籍者のみです。
各クラスの優勝者と準優勝者は1つ上のクラスへ昇級することができます。
C級2組優勝者(準優勝者)からC級1組へ
B級も同じです。
A級優勝者は名人へ挑戦

藤井棋聖(王位)はB級1組在籍,A級を目指しています。
A級棋士は将棋界頂点の10人になります。
名人という位は遥かなる頂にあります。
[将棋]やはり鬼の住処は別格だったか?藤井二冠,順位戦黒星を喫する

最年少タイトル防衛

藤井棋聖(王位)は最年少タイトル防衛の記録も樹立しました。
19歳と7日の記録をもつ屋敷九段から18歳11か月という記録で塗り替えました。
屋敷九段は前最年少タイトルホルダー記録保持者でもありましたが,こちらも藤井二冠が塗り替えました。
いかに屋敷九段が凄かったかわかります。

永世棋聖の可能性

将棋界のタイトルには引退後に名乗れる永世の称号があります。
永世の条件がまだ決まっていない叡王を除けば7つのタイトルに永世〇〇があります。
羽生九段は7つすべて永世条件を満たしており永世七冠と呼ばれます。
引退後に襲名なので羽生永世七冠と呼ばれるまでまだまだ時間がかかります。
その前にタイトル100期という前人未到の地へ踏み入れようとしています。

永世棋聖は通算5期獲得で名乗ることができます。
歴代の永世棋聖は大山,中原,米長の3名であり,永世棋聖資格保持者は佐藤,羽生の2名です。
藤井棋聖(王位)は最短で3年後には永世棋聖資格保持者になる可能性があります。

まとめ

藤井棋聖(王位)はタイトル通算3期の条件を満たし,九段へ昇段しました。
そして最年少九段昇段記録と最年少タイトル防衛記録を樹立し,歴史に名を残しました。
彼の功績がどこまで続くのだろうか?
楽しみでしかたがないですね。

今日のまとめ

  • 藤井棋聖(王位)が通算タイトル3期獲得し,九段へ昇段した。
  • 18歳11か月という最年少九段昇段記録を樹立
  • 18歳11か月という最年少タイトル防記録を樹立
  • 永世棋聖まであと3期
  • 藤井という姓の棋士は2人いる
Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-囲碁・将棋

© 2021 たじ流節約・節税方法 Powered by AFFINGER5