節約

第15回 ボンジ・スキームとは

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

スポンサーリンク

こんにちは

たじです。

今日は有名な詐欺手法についてお話します。

最後までよろしくお願いします。

有名になりすぎた手法 

時は1920年ごろ,チャールズ・ボンジという人物が「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」

と言って多額の資金を得て,毎月きちんと配当金を出し,頃合いを見て消えていったという事件です。この人物の名前をとり「ボンジ・スキーム」と呼ばれるようになりました。

自転車操業

ボンジ・スキームは日本語で言う

自転車操業

得た資金は少しずつ配当に回し,また新たな出資者から得た資金も配当へこれの繰り返しになり最後は破綻する詐欺手法。

現代だと 

現代のボンジ・スキームは高度になりいささか不自然な点が露骨に浮かばなくなってます。サロンなどの投資話だと「年200万円出資してくれたら毎月30%のリターンがでます。どうです投資しませんか?」こんな露骨なボンジ・スキームはないと思いますが.まぁ「毎月リターンが出る」とか「リターンは30%とか」は全部ボンジ・スキームと疑ったほうがいいです。

長期投資の分解菌は基本「再投資型」リターンは約20%が人類の限界。なんならリターンは10%でも凄いほうです。

なぜリターン約20%が人類の限界かと言うと世界最高峰の投資家ウォーレン・バフェット氏のリターンが約20%だからです。この記録を超えた人は存在しません。

騙されると 

残念ながらボンジ・スキームは詐欺の立証が難しく騙されたらそれまでです。騙されないように日々、勉強です。怪しい話に乗っからない。なんでも「YES」とは言わない。日頃から「NO」で始まり「because」を付け加えて話すとビジネススキルは格段に上昇します。

まとめ 

極端においしい話はないので注意。おいしい話には必ず裏がある。ボンジ・スキームは比較的騙されやすいのでお金に関する防衛知識に常にアンテナを向けた生活がいいかと。リターンは約20%が人類の限界。普通は10%でもすごいほうです。

コロナ詐欺にも注意してすごしてください。

それでは!

Pocket

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-節約

© 2021 たじの雑記ブログ Powered by AFFINGER5