ダイビング レビュー

[クエストが書けない] 器材のメンテで解決 

たじ

たじ

2021年からブログと貯金を開始。 1年間で400万貯めることに成功。 固定費の見直しで生活は180度変わりました。 小さな支出はやがて大きな金額になります。 使っていないサブスクはありませんか? 使っていないのはすべて解約してしまいましょう。

こんにちは、たじです。
最近ダイビング器材のメンテを怠っていたので、今回掃除をしました。
今回掃除したのは「水中ライト」、「カメラのハウジング」、「クエスト」の3点です。

3点ともダイビングには欠かせない大切なアイテムなので、日ごろからメンテをしましょう。

ライト

ナイトダイビングでは必須のアイテムです。
また透視度が低いときはライトのサインを重宝します。

そして生物の写真を撮るときにも必ず使います。
筆者が使っているのは「FIX NEO Premium 1500 DX SWR II]」です。

明るさ十分で赤を点灯できます。
赤はハゼ系を撮るときに重宝します。

ダイビングを始めてまだライトを持っていない方はそろそろ購入を検討してみてはいかがですか?

一度持つとライトなしダイブはしたくなくなります。

明かりを灯すことで自分の居場所を教えることが出来ますので、迷子防止にも一役買っています。

ライトのメンテは簡単です。
バッテリーが入っている部分のOリングに汚れや折損がないかを確かめて、グリスアップをするだけです。

このOリングがダメになると、バッテリーに水が入ってライトが壊れます(水没と言います)。

筆者のバディはダイブ中にライトが水没して、ライトを駄目にしていました。

またこの時に感電したみたいで、「手がしびれた」って言ってました。

バディはメンテを怠っていたみたいなので、きちんとメンテをしていれば今回の事故は防げたでしょう。

Oリングは水洗いして、よく乾かしましょう。
その後付属のグリスを薄く指で塗ります。

最後はライトの溝に異物がないかよく確かめてから、Oリングをはめます。
最後にライト部分を装着して完成です。

難しい作業ではないので半年に1回はグリスアップしましょう。

カメラのハウジング

使っているカメラはオリンパスのTG-6です。
ハウジング(防水ケース)なしでも水深18mくらいまで使えます。

砂とかがカメラにつくのがいやなので、基本的にハウジングに入れて使用しています。

今回はそのハウジングのメンテをします。
綿棒があれば掃除がやりやすくなります。

ハウジングからOリングを外して、水で付着物を流します。

その後は付属のグリスでグリスアップ(指で薄く塗ります)して完成です。

Oリングをはめる前にハウジングの溝を綿棒できれいにします。

この溝に砂や髪の毛などが付着していると水没します。
入念に掃除をしましょう。

掃除ができればOリングをはめて作業終了です。

クエスト

水中で字を書くことが出来るボードのことを「クエスト」といいます。

バディに何かを伝えたいときや生物情報を教えたりと使い方はいろいろあります。


砂鉄で文字を書くので使っているうちに字が薄くなります。

薄い字は非常に読みにくいので買い替えを検討するダイバーもいるはずです。

しかし家庭にある物で薄い字が復活するかもしれません。

そのアイテムは冷蔵庫などに引っ付けている「磁石」を使うことです。

ボード上を何度かこするだけでまた濃い字が書けるようになります。

この方法でも復活しない場合はクエストの寿命もしくはペンの寿命なので買い替えを検討しましょう。
買い替えはまずペンからです。

次にボードの白い部分だけ変えましょう。

まとめ

きちんとメンテをしていれば器材はとても長持ちします。
最低でも半年に一回はメンテをしましょう。

一番いいのはダイビングのあとにメンテすることです。

今回紹介した器材のリンクを張っていますので気になる方は見ていってください。
ライト

カメラ

カメラのハウジング

クエスト

軽いBCDをお探しではないでしょうか?
アクアラング社のアウトローという日本版カタログに載ってない商品があります。

詳細は下記の記事にて取り上げています。
[めちゃくちゃ軽いBCD] アクアラング アウトローを買いました 

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

2021年からブログと貯金を開始。 1年間で400万貯めることに成功。 固定費の見直しで生活は180度変わりました。 小さな支出はやがて大きな金額になります。 使っていないサブスクはありませんか? 使っていないのはすべて解約してしまいましょう。

-ダイビング, レビュー

© 2022 たじろんの民 Powered by AFFINGER5