節約

第37回 個別株の考え方

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

スポンサーリンク

こんにちは

たじです。

今日は個別株の私なりの考え方をお話します。

最後までよろしくお願いします。

結論:まずは投資金額とポートフォリオを考える

手あたり次第に株を買うのは投資ではなくギャンブルです。

投資金額とポートフォリオを決めて,自分がとれるリスク内で投資をしましょう。

ポートフォリオを考える

日本株に良いETF(上場投資信託)があれば,それを買うだけで分散投資がされて,楽に投資ができます。

しかし残念ながら日本には良いETFがありません。

仕方ないので自分なりのポートフォリオを考えて作るしかないです。

守ること

1:数社に集中投資はしないこと。

2:ある程度業種分けして20社くらいに分散するのが望ましい。

3:各業種投資上限は概ねおおむ20%としある程度マージンは取るものとする。

業種分け(セクター)は買う予定の株をyahooファイナンスで検索すると業種が出ます。

例:コード9433 KDDI

業種は情報・通信と表示されました。

個別株投資金額40万円として

情報・通信のセクターでKDDIだけを買うとする。

最大20%まで投資するとして40万×0.2/3425=23.35株

少しマージン取って22株買ったとします。

KDDIの配当金は1株当たり120円なので120×22=2640円(税引き前)の配当が得れます。

ただしこの場合はKDDIの業績が落ちるとダメージをもろに食らうことになります。

ソフトバンク 4% 10株 1株配当金86円 配当金860円(税引き前)

KDDI 6% 6株 1株配当金120円 配当金720円(税引き前)

日本電信電話 10% 13株 1株配当金105円 配当金1365円(税引き前)

という風に分散すると,仮にKDDIだけが業績悪化で無配当になってもダメージは6%(720円)ですみます。

必ず分散投資をしましょう。

ROEにも注目しましょう

ROEとは自己資本利益率じこしほんりえきりつのことで簡単に言えば

自分が投資したお金を使って効率よく稼いでいる会社」のことです。

目安は人それぞれで決めていると思います。

うちは業種によりますが基本ROE10%以上を目安に買っています。

かの有名なウォーレン・バフェット氏はROE15%以上の企業に投資をしているそうです。

さすがは投資の神様ですね。

(ウォーレン・バフェット氏)

最初は少額で始めよう

何でも物事を始めるときは少ない金額で始めたほうがいいです。

トレーディングカードゲームなら構築済みデッキから

スクーバダイビングなら体験ダイビングから

投資は少額からです。

大きく始めると失敗したときや自分に合わないときに取り返しがつかないことになりかねません。

小さな一歩はやがて自分自身の大きな一歩になります。

始めることに意味があり,そして継続は力になります。

個別株を買うならネオモバ株

日本の株は基本100株単位で売っています。

1株などを買うときはSBIネオモバイル証券で買うことをオススメします。

月額200円で取引し放題です。(売買手数料がかからない)

おまけでTポイントが200ポイントもらえます。(実質タダ)

まとめ:小さな一歩はやがて大きな一歩となる

少額で自分なりのポートフォリオを作って夢の不労所得を手に入れよう。

そしてすこしずつ投資金額を増やしていき,不労所得を増やしていきましょう。

Pocket

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-節約

© 2021 たじの雑記ブログ Powered by AFFINGER5