雑談

京急踏切事故から1年

たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

スポンサーリンク

こんにちは

たじです。

京急踏切事故から1年が経ち

京急より鉄道安全報告書がでました。

内容を簡単に見ていきましょう。

トラック踏切立ち往生

列車接触事故

大型トラックが踏切で立ち往生し,

京急の快特列車と接触しました。

死者1名

負傷者多数

の大事故です。

経緯

トラックが路地から曲がってきたが,

曲がりきれず踏切内で立ち往生。

その後,京急の快特列車が接触し脱線。

努力虚しく止まりきれず

京急は当該踏切まで約120km/hで走行。

運転士は当該踏切の異常を知らせる

特殊信号機の現示を視認し,

間髪入れずに制動操作。

運転士の努力は虚しくトラックと接触

列車脱線...

特殊信号機

踏切の異常を知らせる特殊信号機は正常に

動作。運転士も内規に従い制動操作。

はっきり言って運転士に非は微塵もない。

ではなぜ,事故は起こった?

それは特殊信号機の建植位置に問題があった。

当該信号機は列車の制動距離を考慮して建植されていたが,建植位置は見通しが悪く,

一瞬見えなくなる事があった。

今回はその「一瞬」が悪さをした。

対策

今回の事故を機に特殊信号機の建植位置を変更,数も増備。

内規も変わり

特殊信号機の現示を認めた時は

非常制動操作すること。

となった。

余談

非常制動=「1番制動力があるブレーキ」ではない。

非常制動は

如何なる場合でも動作するブレーキ

である。

世間では非常制動が1番効いて,今回の事故は防げたとか言ってるが,内規を無視すれば電車は,

スペック以上の制動力も出せる。

内規を無視すれば,接触は防げたかもしれない。

でも内規を無視すれば今回より死傷者が出ていたかも知れない。

よって内規は遵守するものである。

まとめ

踏切内で立ち往生を認めたら,

踏切備え付けの

「非常押しボタン」を押そう。

車で立ち往生したら直ぐに車外へ出て,

非常押しボタンを押そう。

必ず踏切が鳴ったら止まりましょう。

皆がルールを守らないと事故は無くならない。

安全な生活には皆の協力が不可欠。

Pocket

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

スクーバーダイビングとジムニーが好きな30歳の社会人です。日頃の節約や投資,将棋関連をメインに当ブログで取り扱っています。週に4記事程度更新を目途に書いています。まだまだ初心者ですが暖かい目で閲覧いただけると幸いです。

-雑談

© 2021 たじの雑記ブログ Powered by AFFINGER5