クレジットカード

[即日発行] メインカードはエポスでしょ!  

こんにちは、たじです。

「クレジットカード選びに悩んでいませんか?」

「年会費がかかるの?」

「使いやすいカードってなに?」

数多のクレジットカードの中から、初心者にオススメのカードを紹介します。

これで最初の1枚(メインカード)に悩まなくてすみます。

結論

初心者向けのクレジットカードは『エポスカード』です。

即日発行可能と審査が緩いので、比較的簡単に作ることができます。

決済機関はVISAで発行されるので、世界中で使うことができます。

さらに年間50万円以上つかうとゴールドカードへランクアップが可能です。

年会費は永年無料なので作っておいて損はないです。

即日発行のエポスカード

クレジットカードは基本的に審査があり、それをパスするとカードが発行してもらえます。

クレジットとは信用という意味なので、どうしても審査があります。

審査は携帯電話料金の支払いに滞納がないとか、借金がないとかです。

エポスカードは年会費無料で審査が緩く、即日発行もできる優れものです。

審査がゆるい分、使える上限額は低く設定される場合があります。

店舗で受け取りが可能

申し込みはインターネットで行うかマルイ店舗で行うと即日発行ができます。

インターネットの場合は受け取り店舗を選ぶ必要があります。

マルイ店舗で発行する場合はカードセンターで手続きが可能です。

受け取りの際にキャッシュカードを持て行くと引き落とし口座の手続きがスムーズに行えます。

郵送を希望すると佐川急便「受取人確認配達サービス」もしくは日本郵便「本人限定受取郵便」で発送されます。

(出典:エポスカード)

決済機関はVISA

クレジットカードは一時的に決済機関が代金を支払い、後日カード持ち主に請求がくるシステムです。

なのでクレジットカードを作るときは審査があるわけです。

決済機関はVISA・マスターカード・JCB・アメリカンエクスプレス・ダイナースクラブの5種類が有名です。

5種類のうち、世界で使いやすいのはVISAとマスターカードです。

マスターカードはヨーロッパでVISAはその他の地域で使えます。

VISAとマスターカードの2枚持ちで世界中で決済が可能です。

エポスカードはVISAの決済機関です。

他の決済機関を選ぶことはできません。

海外旅行保険

海外で病院にお世話になると費用が100万円以上ケースが多いです。

そういった備えでクレジットカードには海外旅行保険が付帯しています。

エポスカードに付帯する海外旅行保険は自動付帯です。

付帯には2つあり、自動付帯と利用付帯です。

自動付帯は持っているだけで保険が適用されます。

利用付帯はそのカードで旅行代金を決済していないと保険が適用されません。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2000万円(1事故の限度額)
救護費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

なおゴールドカードにアップグレードすると傷害死亡・後遺障害が1000万円まで保証されます。

手厚い保証になりますので、エポスカードを生活の軸として使っていくことをおすすめします。

その他9つの特典

エポスカードには10個の特典があり、1つは先ほど紹介した海外旅行保険です。

残り9つは特典は

・飲食店での割引

・遊園地での割引

・カラオケの割引

・美容院の割引

・温泉の入館料金の割引

・舞台などの優待

・レンタカーサービスの優待

・旅行予約でポイントUP

・買い物でボーナスポイントUP

詳細はエポスカードの10大特典をご参考ください。

年間50万円以上利用でゴールドカードへ

社会人になるとゴールドカードに興味が出てくるのではないでしょうか?

響きがいいですよね。

ゴールドカードは高い年会費を支払うことで、より良いサービスを受けることができます。

代表例は空港ラウンジが使えることです。

飛行機の待ち時間を有意義に過ごせるラウンジは旅の質を大幅にアップグレードしてくれます。

エポスカードは招待でゴールドカードになった人は年会費が永年無料になります。

ゴールドへの道のりはコツコツと使い続けることです。

エポスカードアプリを導入するとゴールドまでの道のりが表示されます。

表示されるまで半年はかかるので気長に待ちましょう。

100%なると招待状が輸送で送られてきます。

今回のまとめ

新社会人でクレジットカードを持とうっと悩んでいるならエポスカードがいいでしょう。

即日発行で年会費は永年無料。

使い込んでゴールドカードへランクアップも可能。

決済機関もVISAなので世界中で使うことができます。

年会費無料ながら海外旅行保険が自動付帯でついてくるのは珍しいカードです。

基本的に年会費無料カードは利用付帯になっています。

最近はゴールドカードでも利用付帯のカードが増えてきました。

その点エポスカードはゴールドカードへアップしても年会費は永年無料です。

最初の一枚に最適なカードです。

下記のバナーリンクから申し込みしてください。


[関連記事リンク]

[Lv1] ズバッと解決 貯金ができない原因はこれ!こんにちは、たじです。 「社会人になってから数か月たっても貯金ができない」 もしくは若手として働いているが 「まわりと...
[エポスゴールドへの道] キーは年間50万円の利用こんにちは、たじです。 コスパのいいゴールドカードをご存じですか? 年会費無料で持てて、海外旅行保険が自動付帯のゴールドカー...

[人気記事]

[大盛り100GB?] ahamoは20GBで十分こんにちは、たじです。 今回はdocomoの格安プラン『ahamo』の魅力について紹介します。 この記事でわかること ・a...
[S株の手数料が無料に] ネオモバイル証券との違いこんにちは、たじです。 SBI証券でS株(単元未満株)の取引手数料が無料になったので、SBIネオモバイルとの違いについてお話します。 ...
Pocket