節約

[2022年] 会社員でも確定申告が必要な場合

たじ

たじ

2021年からブログと貯金を開始。 1年間で400万貯めることに成功。 固定費の見直しで生活は180度変わりました。 小さな支出はやがて大きな金額になります。 使っていないサブスクはありませんか? 使っていないのはすべて解約してしまいましょう。

こんにちは、たじです。
今年も確定申告の時期(2022年2月16日~3月15日)がやってきました。
2021年に得た収益(一時所得20万円以上)や医療費控除の申請、株式の配当控除の申請などいろいろすることがあります。

会社員の筆者も毎年、確定申告しています。
基本的に会社員は確定申告不要です。
しかし年収2000万円を超える方や副業している方や株式の損益通算をする方、住宅ローン控除を初めて申請する場合などは確定申告が必要です。

筆者の確定申告は「配当控除」「ふるさと納税」「外国税額控除」の3点を申請しました。
医療費控除(年間の医療費が10万円を超えた場合に申請可能、同居家族の医療費の合算可能)は親に譲りました。
医療費控除は年収が高い人が行うと還付金の金額が高くなります。



配当控除

細かい説明は省きます。
完結に言えば株式の配当金に掛かる税金20.315%(所得税15%、住民税5%、特別復興税0.315%)の一部を取り戻す申請です。
年収約600万円以下の方は手間をかけてでも確定申告をしたほうがいいです。

申告方法は総合課税を選択します。
総合課税とは年収に株式の配当金を加えた金額に税金をかける仕組みです。
税率は金額によって増えていく超過累進課税が適用されます。

年収600万円+株式の配当金の場合にかかる税率は所得税10%です。
確定申告したほうが税率が低くなります。
住民税に関しては「申告をしない」を選択することができます。

年収が低い方は配当金に掛かる税金が全額還付されることも珍しくありません。
少しの時間でお金が返ってくるなら確定申告をしましょう。
配当控除で重要なことは「総合課税を選択」「住民税は申告しない」の2点です。

確定申告は専用ソフト使うことで簡単にできます。
クラウド会計ソフト利用シェアNo.1「やよいの白色申告 オンライン」、今最も利用されているクラウド会計ソフトです。

めんどうな計算はすべてソフトがしてくれます。
時間はお金で買うことができますので、この機に専用ソフト「やよいの白色申告 オンライン」を使ってみましょう。

「やよいの白色申告 オンライン」は初期費用・月額ずっと0円!
公式サイトはこちらやよいの白色申告オンライン

 

ふるさと納税

通常はワンストップ特例制度を利用します。
このワンストップは会社員向けの制度で確定申告を不要にします。
条件はふるさと納税をする自治体の数が5つ以内の場合

ふるさと納税したときに送られてくるワンストップ特例制度申請書を書いて返送すれば申請完了です。
とても便利な制度です、つかいましょう。

ワンストップ特例制度も万能ではありません。
6つ以上の自治体にふるさと納税した場合やその他の理由で確定申告をした場合はワンストップは無効になります。

筆者の場合は配当控除と外国税額控除を申請しているため、ワンストップが無効になります。
この場合はふるさと納税も確定申告します。
「寄付金控除」の欄に記入します。

「寄付額ー2000円=申告する金額」で申請するので、5万円のふるさと納税をした場合は「50000ー2000=48000円」。
48000円を確定申告します。

ふるさと納税はワンストップ特例制度を利用したら住民税を下げてくれます。
確定申告の場合は所得税と住民税が下がります。
控除される合計金額は同じです。

ワンストップもしくは確定申告をしなかった場合の「ふるさと納税」はただの通販です。
必ずどちらか申請しましょう。

外国税額控除

これは海外の株式やETFなどで得た配当金などに課される現地の課税を取り戻す申請です。
米国のETFからの配当金は30.315%(所得税15%、住民税5%、特別復興税0.315%、外国の現地税10%)がかかり、二重課税になっています。

本来は払わなくていい外国の現地税を取り戻すために外国税額控除を申請します。
ただ、満額返ってくることはないです。
年収が数千万クラスの方が申請すれば満額近く還付されます。

雀の涙ほどしか還付されないかもしれないけど、本来は払わなくていい税金なので申請しましょう。
塵も積もれば山となる。

確定申告は専用ソフト使うことで簡単にできます。
クラウド会計ソフト利用シェアNo.1「やよいの白色申告 オンライン」、今最も利用されているクラウド会計ソフトです。

めんどうな計算はすべてソフトがしてくれます。
時間はお金で買うことができますので、この機に専用ソフト「やよいの白色申告 オンライン」を使ってみましょう。

「やよいの白色申告 オンライン」は初期費用・月額ずっと0円!
公式サイトはこちらやよいの白色申告オンライン



おすすめの記事

当ブログでは節約に関することを扱っています。
先取り貯蓄で100万円を貯める方法などを掲載しています。
[貯金額100万円を目安に] まずは先取り貯金から始めてみましょう

気になる謎の口座引き落としはありませんか?
特に携帯電話(スマホ)の加入した記憶がないサービスはありませんか?
[毎月550~1188円の引き落とし] EXPOコンテンツ利用料 解約方法

個人情報がしっかり守られるマッチングアプリはペアーズ。
お相手を探しませんか?
[2021年版] ペアーズ料金表 おすすめは3か月プラン!

ダイビング漫画「あまんちゅ!」 完結
海の素晴らしさはここになり。
[ダイビング漫画]完結!!あまんちゅ! 海の素晴らしさここにあり

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

2021年からブログと貯金を開始。 1年間で400万貯めることに成功。 固定費の見直しで生活は180度変わりました。 小さな支出はやがて大きな金額になります。 使っていないサブスクはありませんか? 使っていないのはすべて解約してしまいましょう。

-節約

© 2022 たじろんの民 Powered by AFFINGER5