100万円の貯めかた お金にまつわること

[100万円を貯める方法] 家計簿アプリで家計簿をつけましょう

たじ

たじ

名はたじといいます。 年齢31歳 趣味は資産形成とスクーバーダイビングです。 当ブログでは主に資産形成,投資,貯金などについて書いています。 誰でも出来る先取り貯蓄でまずは100万円貯めてみませんか? お金を貯める方法が分かれば資産は雪だるま方式で増えていきます。 たまにゲームレビューやダイビングなどの雑談も交えます。 好きなゲームジャンルはシミュレーション系です。 鉄道系をメインにプレイしています。 ダイビングは現在プロ講習を受けている段階です。 晴れてプロになればダイビング記事をたくさん書きます。 プロになれるように応援をお願いします。

こんにちは
たじです。
前回に引き続き「100万円を貯める方法」をお話します。

[100万円を貯める方法] 固定費の見直しで支出をコントロール

この記事でわかること

  • 家計簿アプリMoney Forward MEをつかって支出をコントロール
  • 無駄な買い物とは?

結論

100万円を貯めるには支出のコントロールは必要不可欠です。
家計簿アプリを駆使して1円単位で管理された家計簿をつけましょう。
そして自分を豊かにしない無駄な買い物やコンビニに行く回数を極限まで減らしましょう。

特にコンビニの回数を減らせば大きな支出の削減につながります。
スーパーで手に入る物はスーパーで買いましょう。

資産を視覚化し,支出を把握しましょう

支出をコントロールするには家計簿をつけることは不可欠です。
大雑把に今月はいくらつかったと記録していては駄目です。
しっかりと1円単位でつかった金額を記録しましょう。

今の時代,スマホが普及し,家計簿もほぼ自動でつけてくれるアプリがあります。
アプリの名前はMoney Forward MEです。
このアプリを使えば,楽に家計簿をつけることができます。

[ 家計簿アプリ]Money Forward MEの使い方

Money Forward MEは銀行口座やクレジットカード,証券口座といった普段使うものと連携ができます。
連携すると口座にいくら残ってるやクレジットの使用金額が一目でわかるようになります。
銀行アプリやクレジットアプリを個別に開く必要もなくなり時間も節約できます。

Money Forward MEで最初にするべき設定は銀行口座とクレジットカードの連携です。
連携が完了すると,資産が表示されます。
あとはこの資産を増やすために固定費の削減や自分豊かにしない無駄な物を買わないなどし,節約していきましょう。

現金を主体で使う人は手入力が必要になります。
レシートを撮るだかで入力されますので,手間はかかりません。
稀に読み取らないときがありますので,その時は手入力でお願います。

ではここから支出を考えていきましょう。
支出は固定費,変動費,食費の3つにわけることができます。
ひとつずつ見ていきましょう。

固定費とは?
家賃,ローン,通信費(スマホ代),駐車場代など毎月決まっている支出のことです。
投資信託やiDeCoをしている人は固定費に毎月の掛け金をいれてもいいです。

僕の支出の定義は1日でもお金が浮いてしまう状態です、
簡単に言えば,給料口座から貯金口座へお金を移動させるのはその場で出来るので支出には計上しません。
より自分に厳しく家計簿をつけるなら貯金も支出に計上しましょう。

僕は貯金も支出として計上しています。
投資信託やiDeCoの掛け金は商品の買い付けまでに数日かかるため,お金が一時的に浮きます。
この場合は支出に計上します。

支出の定義は人それぞれなのであくまでも参考ということでお願います。

変動費とは?
娯楽費,交通費,ふるさと納税,書籍代など食費以外で毎月決まった金額ではないものを指します。
ここをコントロールするのは難しいです。

最初は固定費の削減を取り組み,余裕が出来てきたら変動費の削減を目指しましょう。
変動費を抑えるコツは無駄な買い物はしないことです、
無駄な買い物といううのは自分を豊かにしないものや行為をいいます。

身に付けるとテンションがあがるアクセサリーや時計,プレゼントなど自分を豊かにするならそれは良い買い物です。
お金は使うためにありますが無限ではありません。
有限なので本当に自分を豊かにするかを考えて買い物や旅行などをしましょう。

僕は趣味がスクーバーダイビングです。
毎月どこかの海へ行っています。
1回あたり2万円弱かかりますが後悔はしていません。

自分を豊かにする物や行為を惜しむことはありません。
何の為に節約してるのか?
やりたいことがあってそちらにお金を使いたいから節約をしてるのです。

スクーバーダイビングはお金がかかります。
Cカードを取るまでに5万円ほどかかります。
器材を購入すれば一時的に100万円ほどかかります。

ダイビングをするなら器材は自前がいいです。
特にダイビングマスクは自分に合った物が一番です。
レンタルだとストレスを感じることもあります。

まだまだ日本ではスクーバーダイビングが普及してるとはいいきれません。
沖縄で体験ダイビングをする方は多いですが,趣味でダイビングをするのはごく一部です。
高知県の栢島は海がとてもきれいでダイバーの聖地です。

個人的には海の魅力をもっと知ってほしいです。
人類は海を全体の5%しか解明していません。
残り95%は未知の領域です。

宇宙に似ている環境でもあります。
水中では中世浮力という状態があります、
浮きも沈みもない不思議な体験です。

人間が重力に縛られない唯一の場所です。
興味がわいてきた人は当ブログのダイビングの記事を見てください。
まだまだ投稿数は少ないですが,今後増やして行きます。

[ダイビング]今日の白浜は波高し、されど透明度は良し

最後に食費です。
食費を抑えるには実家で暮らす,コンビニに行かない,楽天ポイントで食事をするなどでコントロールができます。
僕は実家暮らし,コンビニは基本行かない,楽天ポイントで外食をしています。

月11000円ほどで生活しています。
仕事の時は,不規則な勤務形態のため,仕方なくコンビニに行きます。
極力,社内食堂で済ますようにしていますが,営業時間外のときはしょうがないです。

コンビニは基本定価で販売されているので可能ならスーパーで買うなどして食費を抑えることができます。
弁当持参にすればもっと食費は抑えれそうです、
今後検討します。

まとめ

家計簿をつけて支出を視覚化し,コントロールしましょう。
大雑把な支出監理は意味がありません。
1円単位で支出を管理し,無駄がない生活をしましょう。

Pocket

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
たじ

たじ

名はたじといいます。 年齢31歳 趣味は資産形成とスクーバーダイビングです。 当ブログでは主に資産形成,投資,貯金などについて書いています。 誰でも出来る先取り貯蓄でまずは100万円貯めてみませんか? お金を貯める方法が分かれば資産は雪だるま方式で増えていきます。 たまにゲームレビューやダイビングなどの雑談も交えます。 好きなゲームジャンルはシミュレーション系です。 鉄道系をメインにプレイしています。 ダイビングは現在プロ講習を受けている段階です。 晴れてプロになればダイビング記事をたくさん書きます。 プロになれるように応援をお願いします。

-100万円の貯めかた, お金にまつわること

© 2021 たじの資産トリビア部屋 Powered by AFFINGER5